日本 音楽 定義

まず、クラシック音楽業界の現状についてお話します。一言でいえば、クラシック音楽業界は儲かっていません。ネット上で音楽が聴けるようになってからCDの売り上げは減少していますし、コンサートも完売することはほとんどないようです。特に、室内楽が不人気。歌やソリストといった「スター」のいない地味な音楽であるにも関わらず、出演者数が多くチケットの値段が割高になってしまうからです。 ここでは、 ホール自 … 定義. 邦楽(ほうがく)とは、日本の音楽のこと。和楽(わがく)、国楽(こくがく)とも。本項においては狭義の邦楽である、日本の伝統的な民族音楽や古典音楽などを説明する。 Gillian Welchという最近のアーティストがいます。 彼女は白人の女性アーティストでカントリーやブルーグラスを演奏していますが、2000年以降はその静かな人気をさらに伸ばしながらも、小さなレーベルを離れず、地に足の付いた活動を続けている実力派です。 ところが、そんな彼女の音楽的出発点が、カントリーやブルーグラスの発祥地とされる、合衆国東部のアパラチア地域でなく、カルフォルニアだったという理由だけで、作品に反発を示す一部批評家たちが存在しました。 「アメリカって今時そ … ところが、音楽配信サービス「 i アイ Tunes チューンズ 」のランキングだと、トップは映画「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー」。10位以内にAKBの名はない。 オリコンは、CDの売り上げを調査する日本を代表する音楽ランキング。 音楽療法とは と定義をしています。 ただ音楽を聴いたり、楽しむだけでは「専門的な」音楽療法とはいえませんが、「音楽を一定の目的をもって、意図的・計画的に使用する」のであれば、特殊な音楽でなく、どのような場所や状況でも実践できる汎用性の高い療法とも捉えることができそうです。 介護の場面で大切なのは、ご本人の状態を十分に理解し、気持ちに沿って音楽を活用しよりよい状態に向かうように することでしょ … 72 日本民謡の地域比較研究に向けて──西海道・山陰道・山陽道の地域性 1.日本民謡を分析するにあたって 本研究ユニットでは,日本音楽の伝播・変遷を解明 するために,日本民謡を分析対象とする.日本音楽の 世界音楽療法連盟(WFMT)の定義 2011年改訂版 Music therapy is the professional use of music and its elements as an intervention in medical, educational, and everyday environments with individuals, groups, families, or communities who seek to optimize their quality of life and improve their physical, social, communicative, emotional, intellectual, and spiritual health and wellbeing. 全米音楽療法協会の発足したのが1950年,そ の後, 音楽療法士を養成する教育機関が次々に誕生し,公 認資格制度も作られた。 日本においては,音 楽療法の存在にっいては戦前 にも紹介されているが,実 践と結びっいた研究や活 動は戦後を待たなくてはならない。 音楽療法とは「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、 心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用す ること」と定義します。 4刷の頁数: 24, 469, 40, 図版 [9] p ; 日本音楽年表: 巻末p28-40 1.はじめに 現在の日本では、ポピュラー音楽のコンサートやライブが日常的におこなわれている。本稿 は日本におけるロックミュージックを中心としたポピュラー音楽のコンサートおよびライブ、 〇〇はなぜ売れたか。今売れるにはどうすればいいか。ごく近視眼的な情報が氾濫する中、業界や社会の関係性について、ルーツを含めた多角的な面から考察しようとする向きは多くありません。音楽業界の存在理由とは何か?そもそも、私たちが音楽と思っているものは何なのか?主にアメリカの例と比較しながら、日本の音楽業界の特異性に目を向けてみましょう。, この記事の目的は、近視眼的な観点から物事の優劣を論じたり、何かを批判しようとするものではなく、「違いは何なのか?」という点にのみ焦点をしぼり、主にアメリカの状況との比較を通じて、日本の音楽業界の在り方を包括的に理解しようとするものです。, 彼女は白人の女性アーティストでカントリーやブルーグラスを演奏していますが、2000年以降はその静かな人気をさらに伸ばしながらも、小さなレーベルを離れず、地に足の付いた活動を続けている実力派です。, ところが、そんな彼女の音楽的出発点が、カントリーやブルーグラスの発祥地とされる、合衆国東部のアパラチア地域でなく、カルフォルニアだったという理由だけで、作品に反発を示す一部批評家たちが存在しました。, 「アメリカって今時そんな閉鎖的ないじわるするの?」という見方も一つかもしれません。しかし、ここで批評家たちが論点としている問題は、音楽の「正当性」という概念なのです。, もともと、カントリーやブルーグラスは、アフリカ系アメリカ人の音楽に対抗する白人のカウンター・カルチャー的な音楽として、20世紀初頭にテネシー州などを中心に発達してきたという歴史的背景があります。, 一方、Gillian Welchの出発点であるロサンゼルスなどを含むカルフォルニア州は、今やもっとも自由主義の進んだまさに「人種のるつぼ」という表現に相応しい地です。, 「L.A.あたりの白人と黒人が肩組んでいる土地からやってきた娘に、カントリーの心が分かるわけないでしょ。」, つまり、「そうした歴史的背景をも含めてカントリーという文化を代弁していく気概がお前にはあるのか。ファッション感覚でカントリーを軽く見るんじゃあない」という、ある意味では批評家としてまっとうと言える、音楽のルーツを踏まえた批判なのだと言えるのです。, たとえば、アメリカン・サイコという有名な映画のワンシーンで、経済的にも社会的にも成功した主人公が「名刺の品質で目の肥えた仲間を出し抜き、密かな優越感に浸る」という場面があります。, このシーンでは、名刺に印刷された情報以上に、紙質やフォントのチョイスという「審美眼的センスの有無」によって社会的優位性が測られているという暗黙性に焦点が当てられているわけですが、これは社会的文脈で文化が持ち得る意味の一面を、端的に示している例と言えます。, つまり、文化には慣習としての実用性とは別に、それを嗜む個人や集団のアイデンティティーを規定する社会的なバロメーターとしての側面があるという事です。, しかし、文化としての名刺が「連絡先を伝えるツール」以外に、より高次元な暗黙の社会的役割を持ち得る様に、文化としての音楽も「ただ音を出して楽しむ」という娯楽的意味合いのためだけに存在するなら、先ほどの様な評論記事はそもそも存在しないはずです。, 「これをカントリーと呼ぶと、あなたたちのアイデンティティがそういう目で見られる事になるけど、それでいいの?イヤでしょ?」という論旨が存在するなら、それを書いた批評家は、そういう厳しい音楽への監査基準を有するどこかのコミュニティを念頭に置きながら、その批評を書いたという事になります。, つまり、批評家以前に、コミュニティ自体が、文化の正当性を判定する無意識の監査機関として、音楽の質を監視する状況が、社会に存在するのだと言えます。, こうした「音楽に対する耳目の厳しさ」は、そもそもコミュニティ自体がアイデンティティの規定要素として文化を重要視してきた背景が、歴史的にあるからです。, 例えば、ブルースは合衆国南部のアフリカ系アメリカ人が当時営んでいた(または強いられていた)プランテーションでの労働生活などに密着した形で自然発生したと言われていますが、一方のジャズを「同じ黒人コミュニティの文化」と一括りにして語るには、根本的に無理があります。, 良く知られた話ですが、マイルス・デイビスの親は、歯科医です。教養もお金も社会的地位もあり、白人に堂々と意見する事を恐れません。マイルス・デイビスは都会に進出し、彼らの一派はアフリカン・アメリカンによるジャズ・コミュニティに、白人を魅了しながらも突き放すような「洗練された箔」をどんどんと付与していきました。, また、40年代以降興隆したスウィングやビッグバンドに代表されるポピュラーミュージックのコミュニティーカラーは、人種という根源的な要素よりも、どちらかといえば社会階層的なアイデンティティを帯びる様になり、続く50年代以降では、より開放的な若者中心のコミュニティからロック・ミュージックが発信され、更に細分化された価値観をルーツとするコミュニティが、自分たちの表現手段として新たな音楽を生み出していきました。, つまり、人種・地理・階層・世代などの各コミュニティが互いに反発・許容を繰り返してきた歴史背景とリンクした形で音楽が自然発生し、発展しているケースが多いのです。, それゆえに、「文化としての音楽」が個人のアイデンティティを示すツールとしてコミュニティ自体に信頼されており、結果的に「音楽にうるさい社会」の形成へと繋がっていったのだと考えられます。, 一方、日本には古来から自然発生的に発達した、本来の意味で邦楽と呼ばれる能や歌舞伎といった固有文化が存在しますが、いわゆるポップカルチャーとしての邦楽(J-Pop)との連続性はほぼ見られず、現在わたしたちが広く邦楽と呼ぶ音楽は、主に戦後、外来文化として人為的に国内に持ち込まれたと位置づける他ありません。, アメリカの例で見て来た様に、文化は本来、母体となるコミュニティから自然発生的に生まれ、コミュニティの動向に合わせて分裂・結合を繰り返しながら、ひとりでに多様化していくものです。, こうした社会での音楽業界は、本質的には、独り歩きしていく文化に相乗りする形で商業が展開されているにすぎず、文化消費のカンフル剤として作用する事こそあれ、業界自体が文化をゼロから生み出し、定着させているわけではありません。, 一方、外来文化としての邦楽は、業界が輸入の旗手を担ったという点において、真逆のルーツを持っています。, この事から、今の日本の音楽業界の状況を理解する上で、「どこまで『文化のまま』輸入されたのか?または、し得たのか」という点は、考慮するに値します。, 「文化の輸入」という事を究極的に考えると、「文化の母体となるコミュニティの性質そのものを、別社会にそっくり移植し、機能・定着させる」という、言語や歴史観をはじめとした諸々の違いを補填する為の啓蒙活動や教育活動が必須となり、採算性を度外視した公共事業的な性格が色濃くなってきます。, つまり、「文化の輸入」を徹底するほどコストが上がり、商売の採算性が下がるという状況がある以上、音楽業界に「文化輸入者としての役割」を見出すこと自体が、そもそも見当違いなのではないかという事になります。, もし、文化としての音楽が輸入され、社会に定着したのであれば、邦楽が個人のアイデンティティを代弁する、社会的にある程度信用性のあるツールとして、何らかの役割を期待されている筈です。, つまり、「こういう文化を嗜好するのが、自分という人間です」という、コミュニティ全体が誇りを持てる状況は元より、地域間においても、それがそのコミュニティの魅力に直結する社会的価値を持つものとして、認識されているべきだという事になります。, また、より広範な意味では、例えばアメリカのポピュラー音楽は、おそらく文化の中では大衆向けに分類されるものですが、高級文化の例として挙げられるイタリアのオペラ、ドイツのクラシック、フランスのバレエなどの様に、普遍的な価値観で他国を引き付ける魅力があるかどうかという点が、究極的には、文化に求められる資質であると言えます。, その意味においては、日本の音楽業界が大衆コミュニティにもたらしたものは本質的には文化とは言えず、どちらかというと、内需ベースの季節的商業現象に近いのではないかと思います。, つまり、音楽がコミュニティの社会的アイデンティティとは全く関係のない、単純な消費財として捉えられているがゆえに、技術的品質や中身の凡俗さに関わらず、宣伝や時流次第で一定の音楽ブームが起きては消えるというパターンだけが、コミュニティに「消費慣習」として定着したのではないかと考えられるのです。, 国内歌謡曲は、その発祥当初から日本語曲に対する英詞曲の割合が極端に少ないと言う事実があります。, この事は、洋楽と邦楽の隔たりをより浮彫りにし、特に60年代後半以降では、一部の層で「洋楽の下位互換としての邦楽」という価値体系が形成されていきました。, つまり、こうした層においては、自己のアイデンティティを規定するものとして、邦楽を位置付けたがらないという状況が生まれ、単なる娯楽以上の社会的存在意義を持つ文化としての邦楽が、コミュニティに根を張りにくい土壌が形成されてしまったと言えます。, 業界の日本語詞への執着に関して、「日本語を使った方が売れる」という単に商業的な発想以上に、より根源的な思想傾向の影を意識させられる局面が多々あります。, まず、歴史的な事実として、日本の音楽業界はもともと反社会勢力、芸能プロダクション、そして音響機器からなる複合業態的な側面を持ち、互いの組織的な続柄が根強いまま現在に至っているという事実があります。, つまり、反社会勢力の持つ国民主義的傾向が、音楽業界の思想や体質として、一部継承されている可能性があるのではないかという事です。, こうした状況の中、邦楽業界では「耳の肥えたリスナーが最終的に洋楽に流れるなら、よりライトなリスナーを邦楽に取り込もう」とする発想が徐々に見られる様になりました。, しかし、この試みは、「ライトなリスナーを啓蒙する」といった文化的開拓性を呈した形ではほぼ促進されず、「ライトなリスナーにただライトな娯楽を提供する」という、単に商業性に振り切った向きに終始しました。, つまり、業界はそれまでの経験を通して「キャラクター的な魅力さえあれば、洋楽リスナーはともかく、国内の邦楽リスナーには『歌手』として成立し得る」というユニークな市場傾向を発見しており、60年代末から70年代初期を転換点として、その道を追求していく事に業界存続の活路を見出していきました。, 初期の段階で、こうした娯楽形態を「音楽」とはまったく別軸の経済活動として展開する事も可能だった筈ですが、結果的に、国内のコミュニティはこれを「音楽」として消費し、その消費量に裏付けられる形で、現在日本の音楽業界が意味する所の「音楽」というイメージが形成されて行きました。, 直接的な意味では、この事が「文化としての音楽」と日本社会を乖離させる、決定打になったのではないかと考えられます。, キャラクター先行の娯楽形態という邦楽の性質は80年代以降更に前進し、たとえば、従来、音楽的能力の高い歌手を区別する為に用いられた「正当派・実力派」という概念もが「アーティスト」という表現などによって一部キャラクター化し、消費が促されていきました。, こうしたアーティスト性のインフレ状況は制作現場にも波及し、たとえば「アーティスティックな雰囲気をまとう事」と「技術を備える事」の区別自体が、業務上、次第に重要視されなくなっていきました。, 一方、アメリカでは、90年代に入ると、若手エンジニアを中心にmidiやProToolsといった新技術が浸透し始め、予算の縮小などに圧迫される形で、制作現場として、個人的な環境が徐々に注目されていきました。, また、この流れに関心を持ったクリエイター志向のユーザーコミュニティなどに対して、プロが積極的に技術を開示する情報交換の場なども次第に発達し、2000年代中頃以降の、いわゆる「ベッドルーム・ミュージシャン」の台頭を育む環境が作られ、更なるコミュニティの細分化と音楽の多様化が進みました。, 日本でもほぼ同時期にProToolsなどツール自体の浸透は進み、一般ユーザーは同じ様に詳しい制作技術に興味を持ちましたが、前述の理由から、邦楽界はすでに主な業界の特色を「キャラクター性の販売」という方向にシフトしており、音楽制作技術の追求そのものに、現場のプロが無関心になるという風土が形成されて行きました。, この様な状況から、プロが情報交換に携わるコミュニティなども発達せず、一部ごくライトな情報が一般ユーザーに広まるレベルにとどまりました。, つまり、日本では次世代を担う「ベッドルーム・ミュージシャン」たちが本領を発揮するための技術の受け渡しが起こらず、業界自体も技術的に停滞した為、音楽の進歩が全体的にほぼ停止するという状況のまま、現在に至っています。, 一般的に、音楽プロデユーサーは制作現場におけるボスの役割を果たしますが、日本では圧倒的にミュージシャン出身のプロデューサーが多いのに対し、アメリカではエンジニア出身のプロデューサーが数多くいます。, つまり、エンジニアレベルでの繊細な音の配置や質感に対するこだわりがプロダクションの段階から色濃く存在し、そのことが作品間の微妙なカラーの違い、ひいては、多様なジャンルの形成に一躍買っている事は間違いありません。, 邦楽シーンは、一見、J-Rock、アイドル、ビジュアル、R&B、J-ラップなど、色々な形態がある様に見えますが、音質でジャンルを規定するという意味においては非常に没個性的で、一歩引いてみると、「J-Pop」というくくり以上の大きな違いを見出す事は困難です。, J-Popのプロダクションスタイルにおける多様性が生まれなかった背景としては、音でジャンルを表現するだけの技術力が育まれにくかったという事以外に、制作現場におけるエンジニアの立場という要素も、強く影響している様に思います。. All rights reserved. 広辞苑では「音による芸術」とした。 4世紀古代ローマの哲学者、アウグスティヌスの『音楽論』では「musica est scientia bene modulandi (音楽とは音を良く整えるスキエンティア[注 1]である)」とした。ジョン・ブラッキングの書では「人間が組織づけた音」とされた。ジョン・ケージは「音楽は音である。コンサートホールの中と外とを問わず、われわれを取り巻く音である。」と語った。 日本音楽年表: 巻末p28-40, 後刷の場合は項目に追加あり. 「音楽」は music の訳語である 『哲学・思想翻訳語事典』(論創社, 2003) に掲載されている「音楽」という項目 (遠山菜穂美) によれば,「音楽」という文字は, もともとは中国から輸入されたもので, 日本では, 古くは奈良時代の文献から, 既にその用例を見出されます. 日本舞踊は日本の(舞台)芸能の一つ 2. è‹±å²ç›£ä¿®ã€Žæ—¥æœ¬éŸ³æ¥½ã®æ‰‹å¼•ãã€ï¼ˆ1972・カワイ楽譜)』, 『久保田敏子著『点描 日本音楽の世界』(1985・白水社)』, 日本大百科全書(ニッポニカ)を更新, 図書館情報学用語辞典 第5版を更新, (ニュースQ3)コロナ禍の「第九」、楽団の葛藤, 開催できる?コロナ禍の年末「第九」 団員対立の種にも, 戦時の音楽家、非常時の決断 「軍に加担」朝ドラの山田耕筰像に思う, 戦時下を芸術家が生きるには 「エール」で記者は考えた, その他の辞書アプリをお探しの方はこちら. 「シティポップ」と呼ばれる70〜80年代の音楽が再評価され、海外でも注目されているようです。なぜ “昔の日本の音楽”が、いま脚光を浴びているのか…。そもそも「シティポップ」とはどんな音楽なのか? シティポップとは? 音楽(おんがく、英語: Music、イタリア語: Musica、中国語: 音乐、スペイン語: Música)の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがある。 日本人はお祭り好きなため古来より様々な祭りが開催されていたが、日本における近代の音楽フェスティバルの歴史も古く60年〜80年代には「日本ロック・フェスティバル」「beat child」などの伝説的なフェスが既に開催されていた。 日本の伝統芸能(歌舞伎、お能、民族的な踊りなど)から発生したもの 3. Addictive Drums内の設定だけで「Addictive Drums感」を消す方法, Pro Tools : 初心者必見!不要なデータを削除してセッションを劇的にスリム化する方法, Interview with the Designer : Chris Jenkins from SSL. 日本音楽なる語は場合により広狭さまざまな意味で用いられるから、それを単に「日本の音楽」といいかえるだけではすまされない。 日本音楽はまず第一に「日本文化の一環としての音楽」と理解されるべきであるが、それでもなお解釈に幅がある。 音楽の種類によらない定義 (4世紀の哲学者、アウグスティヌス)「musica est scientia bene modulandi 音楽とは音を良く整える知 である」 (ジョン・ケージ)「音楽は音である。 コンサートホールの中と外とを問わず、われわれを取り巻く音である。 盛会のうちに終了いたしました。 ご参加、ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。 2015年5月4日 第14回日本音楽療法学会東海支部大会を終えて 日本音楽療法学会東海支部認定団体 2016年3月25日 第15回日本音楽療法学会東海支部大会のご案内. 洋舞からも影響を受けてきたもの 4. cd・レコードの普及促進、著作権意識の啓蒙活動、ゴールドディスク大賞を実施する日本レコード協会(riaj)のオフィシャルサイト。cdやレコードの生産実績・売上実績の統計データ、音楽に関する調査・レポートなどを掲載。 れはまさにカウンセリングの基本でもある.日本音楽療 法学会による定義(2001)によると,音楽療法とは,「音 楽のもつ生理的,心理的,社会的働きを用いて,心身の 障害の回復,機能の維持改善,生活の質の向上,行動の こうした定義は間違っているわけではないけれど、これでは日本舞踊をイメージするのが難しいでしょう。 とりあえず、ここまで分かってきたことをまとめてみます。 1. ここで音楽産業とは、おおむねレコード制作業(レコード会社)を中心に、音楽配信、CD等の音楽ソフトの販売業、コンサート事業等の周辺産業を含めた言葉として使います。 日本標準産業分類(平成25年10月改訂) の情報通信業・分類4121「レコード制作業」においては「主としてレコードの企画・制作を行う事業所をいう。」とされており、レコード制作会社、著作権の管理等を行う音楽出版会社などが該当します。なお、製造業・分類3296「オーディオディスクレコード製造業」はここでは扱いません。 6 CIRAS Discussion Paper No. © 2017 Simple Studio. 今でも変わりつつあるもの 日本舞踊は、様々な芸能ジャンルから影響を受け、かなり複雑なモノになってしま… 歌謡曲は、演歌としばしば混同され、日本の昔ながらの歌、というイメージで見られがちです。 しかし、本来「歌謡曲」の原点は、明治以降にアメリカやヨーロッパから入ってきた欧米の新しい音楽を日本で「 歌謡曲 」と呼んだことにあります。

Nothing Is Wasted Youtube, Asunción O Ascensión, New Hanover County Self Service, Pas De Deux Rose, What Is A Treasury Analyst Salary, In The Morning Video, I Wish I Were Heather Tiktok Song,

Be Sociable, Share!